カート

カートを閉じる
毎日がちょっと楽しい 生ハム原木のある生活 生ハム原木特集
毎日がちょっと楽しい 生ハム原木のある生活 生ハム原木特集
  • 特集イメージ01
  • 特集イメージ02
  • 特集イメージ03
  • 特集イメージ04

生ハム原木のある生活とは

当店にいらっしゃるお客様は、生ハムを求めてこられた方が大半だと思います。
そしてそんな中で「生ハム原木、買ってみたいな…」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、実際に家に生ハム原木が来たらどうなるのか、疑問にお答えしながら当店自慢の生ハム原木をご紹介していきたいと思います!

商品紹介00

生ハム原木を置く
メリットとは?

家に生ハム原木を置くメリットは、やはりいくらでも生ハムが食べられること。
それに加え、切り立ての生ハムはスライスパックに比べ水分が抜けておらず、しっとりとした食感が楽しめます。
さらに楽しいのが「部位による味わいの違い」を知れること!これは生ハム原木を買うことでしかでしか味わえない体験です。

商品紹介00

生ハム原木を
「飼う」とは?

よく生ハム原木を「飼う」と冗談めかして表現する方がいますが、実際生ハム原木の取り扱いは生き物を飼うのと同じくらい気を遣います。
まずは置く場所。サイズは全長が約70~80cm前後、高さが30cm前後、幅が11cm前後。ホルダーに設置すると、高さが40cm前後、ホルダー含めの幅約17cm。さらに重さは7kg~9kgとなります。

さらには保管場所の温度管理も重要です。生ハムの保管には最低でも23度前後、ベストは15度程度の冷暗所で保管すること。
定期的にオリーブオイルで汚れをふき取ったり、乾燥しすぎないように覆いを被せたり…と丁寧なお世話がかかせません。
最適な環境を整えお世話が必要な生ハム原木を迎えるということは、まさに「飼う」と表現できるのです。

~切る前から食べた後まで~
生ハム原木との過ごし方

そんな生ハム原木の取り扱いに関しては、
こちら動画でチェック!
さらにオトナマルシェで原木をお買い上げいただけましたらこちらの動画を冊子化した
マニュアルをお付けしています。

  • 特集イメージ01
  • 特集イメージ02
  • 特集イメージ03

まずはお手軽にミニ生ハム原木!

生ハム原木は気になるけど、ちょっとハードルが高そう、と思った方に。
当店では生ハム原木をブロック状にカットした「ミニ生ハム原木」を取り扱っています!
こちらの商品であれば、気軽に切り立て生ハムをお楽しみいただけます。

ミニ生ハム原木って、
どれくらいの量?

ミニ生ハム原木は800g。
生ハム1人前の量が25g、ミニ原木の可食部を760gとすると約30皿分は楽しめます!
毎日1人前食べても1か月の間で食べきれます。

商品紹介00

保管はどうすればいいの?

ミニ生ハム原木は身がそのまま露出しているので、通常の生ハム原木よりさらに乾燥に気を使ってください。
開封後はぴっちりと全体をラップで覆って、空気に触れないようにしてから冷蔵庫に。

当店では2種類のミニ生ハム原木の
セットを販売中!

商品紹介03
商品名03

【スペイン産ミニ生ハム原木】ハモンセラーノ 選べるサラミ付きセット

当店人気ナンバー1を誇る、ミニ生ハム原木とサラミのセット。
専用のミニホルダーとナイフが付属しています。まずは生ハム原木の味わいを試してみたいという方はもちろん、人が集まるシーンでの手土産などにもおすすめです。

ミニ セラーノ ブロック 800g (※単品)

ホルダー&ナイフが付属しない、生ハムの単品商品もご用意しています。
ミニ生ハム原木をもっと食べたい! というリピーターの方におすすめの商品です。

商品紹介03
商品名03

原木だからこそおすすめ!
アレンジレシピ

ボカディージョ ボカディージョ

切り立てだからこそ!
本場の生ハムサンド
ボカディージョ

スペインの日常食。具材は様々ですが、やはり代表的に食べられている具材は生ハム。
現地では切り立ての生ハムで作られたボカディージョが日本のコンビニおにぎりのような感覚で食べられています。
作り方はバゲットに生ハムを乗せてオリーブオイルをたっぷりたらし、サンドするだけ。
パンはトーストやクロワッサンでもOK!シンプルだからこそ、パンの甘味と小麦の香り、生ハムの塩気と旨味が引き立ちます。

手軽なおつまみとしてもおすすめ
パンコントマテ

焼いたバゲットやトーストに生のトマトとニンニクを押し付けてすりつぶすだけの簡単レシピ。
そこに生ハムを乗せるとさらに塩気と旨味がプラスされ、止まらない逸品となります!

パンコントマテ

本格的に生ハム原木を
楽しむなら

人が集まる機会が多い季節やとにかく心ゆくまで生ハムを味わいたいという方に、おすすめしたい当店厳選の生ハムを集めました!
スペイン生ハムの両雄と言えば「ハモンセラーノ」と「ハモンイベリコ」。
ハモンセラーノは白豚、ハモンイベリコは黒豚から作られています。
白豚、黒豚、それぞれのイチオシの生ハムをご紹介します。

【白豚生ハム】
現地ではデイリーに食べられている
白豚の生ハム。
始めるならまずはここから!

商品紹介02

【今だけ数量限定】ホルダーが旧デザインにつきお得!ハモンセラーノ生ハム原木と訳ありホルダー&ナイフセット!

こちらの商品は生ハム原木は立派な12ヶ月熟成の正規品、付属の生ハムホルダーが古いデザインのものの為、通常よりお求めやすい価格にてご提供いたします!
※ホルダーを別倉庫から移動する為、1/30以降の出荷となります。
保管倉庫より旧デザインの生ハムホルダーを発見した為、そちらをお付けして通常より少しお求めやすい価格にてハモンセラーノ原木セットを販売することにいたしました。
ホルダーは古いデザインのものですが、ハモンセラーノ原木とナイフは通常のセットと同じ商品となっております!
ぜひこの機会にお買い求めください!

商品紹介03
商品名03

ハモンセラーノ

「山のハム」と言う意味。スペイン産の白豚を使った生ハム。一定の基準を満たさないとハモンセラーノとは名乗れません。
豚のモモ肉の皮を一部を剥き、身に直接塩を擦りこむ製法による濃縮された旨味と独特の香りが特徴です。

商品紹介02
商品名02

ハモン・デ・テルエル

ハモンセラーノの中でもテルエル県で生産され、DOP認定を受けたものがこのハモン・デ・テルエルです。
ヨーロッパには原産地呼称と言ういわゆる「地物」を認定する制度があり、その土地の名前を冠することが出来るということは品質を保証されたということ。
テルエル地方のブランド豚であるテルエル豚を原料としており、赤身にサシが多く入った肉質と低い融点、とろける口どけが格別です。

【黒豚(イベリコ種)生ハム】
スペインと言えばイベリコ豚!
どんぐりを食べて育ったイベリコ豚の生ハムです。

商品紹介01
商品名01

ハモンイベリコセボデカンポ

どんぐりが実る樫の木の森で放牧されたイベリコ豚。
最高ランクであるベジョータの基準は満たしていないものの、赤身と脂身のバランスが良く食べやすいハモンイベリコです。
当店が取り扱っているハモンイベリコはブラスケス社のもの。1932年創業の老舗で、イベリコ豚の育成から生ハムの製造まで全て自社で行っています。

ハモンイベリコベジョータアドミラシオン

ハモンイベリコベジョータの中から、ブラスケス社の職人がさらに選りすぐりのものを選び抜いた逸品。
先代から伝統を受け継いだマエストロの研ぎ澄まされた視覚、触覚、嗅覚に基づき一本一本注意深く判別して選び抜かれたものがアドミラシオンとして販売されます。

商品紹介01
商品名01

買ってからの困ったに!
生ハム原木のQ&A

Q:切り口にカビっぽいものが見えるけど…?
生ハムの表面に白カビが見られる時は切り口を削りとれば、中身は問題なくお召し上がりいただけます。
Q:アルコール消毒しても大丈夫?
生ハムはチーズや鰹節などと同様に、菌による発酵で熟成されています。その為、アルコール消毒すると菌が死んでしまい風味も飛んでしまいます。触れる手や器具を清潔にし、オリーブオイルで表面をふき取ることで清潔さを保ちましょう。
Q:原木を置き始めてからお部屋の匂いが気になります…
どうしても匂いが出てしまうのは避けられません。なのでもう気が済むまで原木カットを堪能して満足!というお客様は早々に解体し、ブロック状に切取り、ラップにぴっちり包んで冷蔵(もしくは冷凍) 保存をオススメします。
Q:どのくらいの期間で消費した方が良いですか?
保存食なので適切な保管状況でしたら1年は持ちます。
ただ、乾燥や熟成が進み、表面も乾いて香りも強くなってきます。その上、暖かくなってくれば保存の為に空調で気温と湿度を調整する必要も出てきます。2~3ヶ月を目安に食べ、食べ切れない分は早めに解体、冷凍保存するのもオススメです。
Q:原木をブロック状にカット保存ってどうすればいいの?
まず、表面を何回も触る必要があるので、清潔さを保つためにニトリル手袋を装着してください。スライス用のナイフではなく、通常の包丁で生ハムをブロック塊にしていきましょう。ブロック塊をラップで包んだ後、さらにビニール袋に密封して保存してください。すぐ食べるものは冷蔵庫に、長期間保存したいものは冷凍庫に入れましょう。冷凍庫に入れたものを食べるときは、凍ったまま取り出して薄く切ればそのまま食べられます。
Q:最後に骨が残るけど、何ごみ?
特に自治体の指示がなければ通常の生ごみとして燃えるゴミで捨てられます。お住まいの自治体によって区分が違う可能性がありますので、念のため各自治体のゴミ出しのしおりやHPでご確認ください。
  • 特集イメージ01
  • 特集イメージ02
  • 特集イメージ03

生ハム原木と一緒に楽しみたい

原木で生ハムを好きなだけ食べるなら、お供にも好きなだけ飲めるボックスワインがおすすめです。
ボックスワインと言っても、ただ安いだけではなく、保存性やコスパに優れたイチオシの商品ばかり。
手頃なスペイン産ワインや、イタリアでD.O.C.認定された高品質なワインなど、ぜひお好みのものをセレクトしてみてください!

スペインの生ハムにはやっぱりこれ!
気軽に楽しめるのが嬉しい
スペイン産ワイン。

商品紹介04
商品名04

箱ワイン カニャーダ ティント(赤ワイン)

スペインを代表する葡萄品種テンプラリーニョを使用した赤ワイン。
濃いチェリーレッドの色調と熟した赤系果実の香り。余韻も長く奥行きのある味わいです。

商品紹介05
商品名05

箱ワイン カニャーダ ブランコ(白ワイン)

輝きのある黄金色の白ワイン。
青りんごやマスカット、ハーブ系の清涼感ある香りと、トロピカルフルーツのような温かみのあるテイストです。

良質なワインをボックスで。
イタリア産ボックスワイン全9種の中から、特に生ハムと相性が良いものをスタッフが厳選しました!

商品紹介04
商品名04

ローザ・ディ・ローヴォ

明るく輝きのある淡いピンク色のロゼワイン。
さくらんぼや野イチゴのようなフレッシュな香りで、様々な料理に合わせやすいのが特徴ですが、乾いたハモンセラーノの風味にフレッシュなロゼがよく合います。

-->

コステ サラチェーネ

ピエモンテ州を代表する黒ブドウ品種「ネッビオーロ」のしなやかで伸びのある酸味とタンニンが調和した辛口ワイン。
ハモンイベリコの脂を洗い流してくれるしっかりとしたタンニンが魅力。

商品紹介04
商品名04
  • 特集イメージ07
  • 特集イメージ08
  • 特集イメージ09