カート

カートを閉じる

シャルキュトリーコラム

グルメ大国イタリアが生んだ究極の嗜好品『生ハム・サラミ』

グルメ大国イタリアが生んだ究極の嗜好品『生ハム・サラミ』

古代から豊かな自然と交差する文明により、様々な食文化を発展させてきたイタリア。
そんな中でも食材と言えば北に位置するエミリア=ロマーニャ州(有名な街ですとボロネーゼでお馴染みのボローニャ、ハムでお馴染みのパルマがあります)。
こちらのコラムではエミリア=ロマーニャ州で作られる「パルマハム」と「サラミ」について解説いたします。
「イベリコ」と「イベリコ・ベジョータ」の違いについて

「イベリコ」と「イベリコ・ベジョータ」の違いについて

街中でもよく見かけるようになった「イベリコ豚」「イベリコ・ベジョータ」という単語。
美味しい豚肉を示す言葉ということはわかるけど、そもそも何…?ブランド名?
そんな疑問についてがっつりお答えするのがこちらのコラム。
これを見れば「イベリコ・ベジョータ」と言う単語の持つ価値が分かるようになること間違いなし!
世界三大生ハムについて

世界三大生ハムについて

世界三大生ハムというものが存在します。
イタリアのプロシュート、スペインのハモンセラーノ、そして中国の金華ハム。
同じ豚の脚を熟成させたものですが、その製法に微妙な違いがあります。
特に金華ハムって生ハムだったの?!と思う方も多いはず。
そんな世界三大生ハムについてさっと解説。
生ハムを摘まみながらの会話のタネに、是非ご覧ください。
どこまでわかる?ハモンセラーノとハモンイベリコ『二つのハモン』の違いについて

どこまでわかる?ハモンセラーノとハモンイベリコ『二つのハモン』の違いについて

「なんかハモンセラーノとハモンイベリコって見かけるけど、何?」
「ハムの種類ってことは分かるけどどっちが美味しいの?」
そんな疑問にお答えするコラムがこちらです。
これを読めば二つの違いがばっちりわかります。
どっちが美味しいかは…個人の好みがありますので、是非当店で購入して食べ比べてみてください!
本場の食卓から学ぶ、シャルキュトリーの楽しみ方

本場の食卓から学ぶ、シャルキュトリーの楽しみ方

知れば知るほど、いろいろ試してみたくなるシャルキュトリー。

世界中で受け継がれている「お肉を美味しく食べる知恵」が凝縮されているだけあって、一度ハマってしまうと抜け出せない美味しさですが、気になるのが「食べ方」。

お酒のおつまみにするくらいしか思いつかない、なんてことはございませんか?

そこで、今回はシャルキュトリーを身近に楽しんでいる本場の食卓をご紹介いたします。

このおいしさ、私好み!を見つけ出す、あなたのためのシャルキュトリー診断

このおいしさ、私好み!を見つけ出す、あなたのためのシャルキュトリー診断

シャルキュトリーがどんなものなのかわかってくると、次に知りたくなるのは、「私に合うのはどれ?」ですよね。ご紹介するシャルキュトリーは、すべて当社のホームページからお買い物いただける厳選した品質のものばかり。診断結果に胸の高鳴りと空腹を感じたら、ぜひ一度お手に取って味わいをお確かめください。

毎日ウキウキが止まらない。「生ハム原木がある暮らし」始めてみませんか?

毎日ウキウキが止まらない。「生ハム原木がある暮らし」始めてみませんか?

イタリアンレストランやスペインバルで時々見かける、生ハム原木。
「お店でしか取り扱えない特別なもの」と感じさせる存在感の生ハム原木ですが、実は、当社でご購入いただけます。

「生ハムは大好きだけれど、原木を買ってもどうしたらいいかわからない」という方におすすめしたい。

そんな魅力をもつ「生ハム原木」の世界をご紹介します。

混乱と魅惑のシャルキュトリーの世界へようこそ。

混乱と魅惑のシャルキュトリーの世界へようこそ。

日本でも知られるようになってきた「シャルキュトリー」。

名前は知っていても、実際にはどんなものなのか、なんだかぼんやりしたイメージでとらえてしまいがちですよね。

実は、知れば知るほど奥深いシャルキュトリーの世界

はっきりしないモヤモヤを解決して、もっとシャルキュトリーをお楽しみいただくために、今回は全体像をさっとつかむための「シャルキュトリーツアー」にご案内いたします!

イベリコの最高峰「ベジョータ」。 溶けだす脂の甘み、旨味を味わい尽くすための食べ方、ご紹介します!

イベリコの最高峰「ベジョータ」。 溶けだす脂の甘み、旨味を味わい尽くすための食べ方、ご紹介します!

日本でも有名になった「イベリコ豚」。

どんぐりを食べて育つ豚、というイメージで知られていますが、実際にどんぐりを食べて育つのはイベリコ豚の中でもごく一部。

実は、イベリコ豚はその飼育方法、品質によって明確にランク分けされています。